MENU

集中力はどのくらい続くのか?

集中力はどのくらい続くものなのか?

自分は集中力がない…。そう思ったことはありませんか。でも実際に集中力があるかないかは、どのように判断するのでしょうか。そこで、集中力がどのくらい続くものなのかを調べてみましたので、ご紹介します。

 

集中力の限界は50分程度

一般的に集中力の限界は50分程度と言われています。しかし、50分間連続して、同じ集中力を保てるかというと、そうではないようです。およそ、15分ごとに集中力の波があると言われており、50分間の中でも、集中力は増減するということになります。

 

集中力の維持は意志や状況によって左右する

しかし、50分というのはあくまで一般的な目安です。意志が強い人は、もっと長く集中できるかもしれませんし、たとえ強い意志を持っている人でも、自分の全く興味のない内容の事を長時間続けることは難しいかもしれません。逆に、自分は意志が弱くて、すぐに誘惑に負けてしまうというような人でも、好きなことであれば、他のことに目もくれず、長時間集中できることもあるのではないでしょうか。このように、集中力の維持は、自分の意志の強さや行う物事、状況などによって、大きく左右されるということができそうです。

 

以上のように、集中力の持続は様々な要因が関係しているので、あまり自分は集中力が低いと思い込まない方が良いのかもしれません。無理のない範囲で、集中ができる方法やリフレッシュ法を試しながら、できる限り集中力を高めて見てはいかがでしょうか。