MENU

集中力と睡眠の関係は

集中力と睡眠の関係は?

寝不足で集中力が続かない…。そんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。実際に睡眠は集中力と、どのような関係があるのでしょうか。ここでは、集中と睡眠の関係と、集中力を高めるために必要な睡眠の方法を、ご紹介します。

 

睡眠不足は脳の機能を低下させる

睡眠不足は脳の機能を低下させると言われています。中には短い睡眠時間でも集中力を保てる人もいるかもしれません。しかし、それは一時的なもので、適切な睡眠時間を確保しなければ、脳の機能は低下してしまい、集中力を持続させにくい状態になってしまうそうです。逆に睡眠不足により、脳の機能が低下した状態で、適切な睡眠をとると、脳の機能を回復させ、集中力を元に戻すことができるそうです。このように、睡眠は集中力を高めるために、非常に重要な要因であるのです。

 

集中力を高めるために必要な睡眠は?

集中力を高めるために必要な睡眠をとるためには二つのポイントがあります。一つは睡眠の量でもう一つは、睡眠の質です。もっとも大事なのは、睡眠の量です。睡眠の量はただ長ければ良いというものではないようですが、4〜5時間の睡眠では、睡眠不足といえるでしょう。厳密には、適切な睡眠時間はひとそれぞれ異なるようですが、7時間程度の睡眠は確保するのが望ましいようです。もう一つは、睡眠の質です。長い睡眠時間を取っても、浅い眠りが続いて、途中で何度も起きるようでは、台無しです。アロマや寝具などを工夫し、睡眠がしやすい環境を作ることが重要です。