MENU

集中力とカフェインの関係は

集中力とカフェインの関係は?

眠気で作業に集中できない・・・。そんな経験はありませんか。そんな時に行う対応策で良く聞かれるのは、コーヒーを飲んで眠気を覚ますという方法です。なぜならコーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインを摂取することで目を覚まし、集中力を高めるということを知っているからです。では、実際にカフェインと集中力はどのような関係があるのでしょうか。

 

カフェインの覚醒作用

カフェインにはご承知の通り、目を覚めさせる覚醒作用があると言われています。そのメカニズムとして眠気を発生させるアデノシンという物質が関連しているとされています。

 

眠気はアデノシンが蓄積されていくことで発生すると言われていますが、カフェインを摂取することで、このアデノシンの働きを一時的にブロックすることができるのです。

 

このため眠気や疲労などで低下した集中力がカフェインを摂取することで、一時的に高めることができるようです。

 

カフェインの興奮作用

カフェインによるアデノシンの働きがブロックされると、興奮作用が高まるとされています。そのため、カフェインの摂取は精神を興奮させる機能もあるようです。

 

過剰にカフェインを摂取して、興奮を高めてしまうと、集中力の妨げになる可能性もありますが、集中力が低下した時になどに適度に摂取し、興奮作用を効果的に使用すれば、集中力を高めることもできるようです。

 

このようにカフェインは神経に作用する物質です。過剰に摂取するのは避けながら、効果的に使用し、集中力のアップを図りましょう。