MENU

甘いものを食べると集中力が高まるのか

甘いものを食べると集中力が高まるのか?

甘いものを食べると集中力が高まるということは聞いたことがありませんか?勉強なので、疲れた時に甘いものが食べたくなるのは理由があるはずです。そこで、甘いものを食べると集中力が高まる理由を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

集中力はなぜ下がるのか?

勉強や仕事などで頭を使うと、集中力が下がって効率が悪くなりますよね。それは、脳が消費するエネルギーが関係していると言われています。脳がエネルギーとして使用するのは、栄養素の中でも糖質になります。そのため、糖質が不足してくると、集中力が低下してしまうのです。

 

糖質を補給するには甘いものを食べよう

糖質とはその名の通り、砂糖などの糖分に多く含まれる栄養素です。そのため、甘いものを食べると脳のエネルギー源となる糖質が補給され、集中力が高まるとされているのです。

 

たくさん食べればいいのか?

脳のエネルギーとなるからといって、甘いものをたくさん食べればそれだけ集中力を高められるというわけではありません。なぜなら、脳のエネルギー源として蓄えられる糖質はわずかだからです。そのため、一度にたくさんの甘いものを食べたとしても、集中力は高められません。

 

また、糖質の中でも脳のエネルギー源になるのはブドウ糖と言われています。そのため、お菓子などよりも果物、お菓子で言えばドライフルーツなどの果実系の甘い物で、ブドウ糖を補給することがオススメです。