MENU

集中力 サプリ

仕事中や勉強中にもっと集中力があったらはかどるのになぁ…整理整頓や片付けをしていてもすぐ脱線して違うことをしていたり…一生懸命やってるはずなのに頭に入ってこない…なーんて思う事って誰でもありますよね。こんな時は失敗も多くなり、怒られたりと悪いことが続きます。これは集中力の低下であり、脳の活性化が必要になります。

 

唯一の脳に必要なエネルギーとしてブドウ糖が挙げられます。ブドウ糖を摂取する事で脳が活性化され集中力や記憶力のアップに効果的です。主に白いもの(ごはん・砂糖・うどんなどの炭水化物)やバナナ、リンゴ、ブドウなどの果物にも多く含まれています。

 

他にもDHAやEPA、ビタミンB群なども脳を活性化し集中力を高めるサポートをしてくれます。普段の食事で魚類や野菜を毎日しっかり食べることが一番いいのですが、現代の生活スタイルや食生活ではなかなか難しいと言えるでしょう。そんな時はそれらがたくさん含まれたサプリメントを上手に摂取して脳を活性化させ、集中力をアップさせて仕事や勉強に取り組めたらいいですね。

 

 

きなりの特徴

DHAは人の体内では作る事の出来ない栄養素なので、食物からしっかり摂り入れる必要があります。主に青魚に多く含まれていますが、魚離れした現代の食生活から見ても正直難しいでしょう。きなりは1日に必要とされる半分の500rのDHAが入っているので普段の食事のサポートになります。しかも成分そのままの状態で酸化することなく体内に行き届くように、アスタキサンチンでしっかりガード。それによって水に溶けやすくなり吸収力が高くなります。魚独特の臭みもないので魚嫌いでも無理なく摂取出来ます。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA・EPA、アスタキサンチン

 

 

ラーニングアップの特徴

少子化の現代、教育に対する子供への情熱は昔よりもだいぶ熱くなっています。ちゃんと勉強してるかな?いい成績取れるかな?などといった心配事は尽きませんよね。ラーニングアップは勉強のやる気、楽しさ、集中力を高めるようサポートしてくれるサプリです。寝ているときも脳は日々の記憶や思考を整理するため働いており、それにはビタミンB群がバランスよく配合されていることがとても重要です。特にビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸はやる気や集中力を高めたり、イライラを抑える働きがあります。さらに前向きな気持ちになれるドーパミンのもとになる八升豆も配合。すべて天然成分なので毎日摂取しても安心です。

価格 8,800円
評価 評価4
備考 ビタミンB群・葉酸

 

 

美健知箋EPA&DHAの特徴

1日1,000r摂ることが理想とされるDHA・EPAは生きていくうえで必要不可欠な健康成分です。体内で作る事は出来ないので食事から摂ることが望ましいですが、かなりの量が必要になるので物理的に難しいと言えるでしょう。美健知箋EPA&DHAはEPA200r、DHA550rの計750rと他社にはない圧倒的な量が配合されています。酸化を防ぐためビタミンEを配合、直径3oのシームレスカプセルは喉の通りもスムーズでお腹の中で素早く溶けます。しかも1回分づつアルミのスティック包装になっているので、常にフレッシュな状態で飲みやすいです。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 EPA&DHA

 

集中力を高めるための前提条件

 

もっと勉強ができたらと思うのは、あまりにも自分に集中力がないと感じるときです。せっかく勉強を始めても、10分するとイヤになってしまう。頭に全然入ってこない。勉強できるときはできるのにと思ってしまったことは誰でもきっとあるでしょう。こういった問題を解消するためにはどのようなことに注意すると良いのでしょうか?

 

まず、脳は苦しいことがイヤで、楽しいことが大好きです。

 

ですから、感情のコントロールがまずは大切です。勉強をガマンしてやるのか、それとも自ら進んでやるのか、この違いは大きいです。報酬を与えて勉強をさせるというのは実は脳の動機付けには非常に良いことと言われています。勉強したらおやつをあげる、というのも実はわかりやすい脳のコントロール法で、これを繰り返しているうちに勉強に対する印象が良いものになります。

 

そして、苦手意識を作らせないためにも、適度なタイミングで休憩させてあげることです。子供の通信教育だと20〜30分の勉強でOKというようなコピーがありますが、そのくらいなら苦痛をそれほど感じずに集中できると見ているからです。

 

また、集中力を引き出すために、脳のコンディションを保ちましょう。脳にもコンディションがあります。

 

コンディション作りは体と一緒です。睡眠、食事、運動です。睡眠はしっかり時間を取って休むこと、食事は脳に必要なブドウ糖などの栄養素を補給すること、そして運動は、繰り返し行いながら脳をそれに慣れさせることです。記憶をする脳と考える脳は違いますから、それにあわせた訓練をしなくてはなりません。集中力をコントロールして、良い人生、良い生活にしていきましょう。

 

集中力を高める脳に良い栄養成分

 

脳に必要なエネルギーは、ブドウ糖によってのみ供給されるようになっています。ブドウ糖を作るためには、食事から糖分を摂取する必要があります。

 

糖分が必要なら砂糖をたくさん摂取することで問題は解決しそうですが、白砂糖は吸収が早く、急激に血糖値を高めて、その後急激に血糖値が低下するので、この時に体にも負担がかかり、また眠気も来るので、集中力が持続しにくいのです。この血糖値をある程度の水準で保つには、低GI食品を選んで食べるようにすると良いでしょう。

 

GIというのは食べた食品がどれくらいで血糖値に影響するかという数字ですが、低GI食品は血糖値をゆるやかに上昇させていくので、血糖値の急激な高低による集中力の低下を防ぐことができるのです。

 

その低GI食品にはどんなものがあるかと言えば、玄米やそば、果物などです。全ての食品を分類すると大変なので、簡単な見分け方を言えば、白いもの(精製されたもの)は高GI食品と考えて、その他の食品をとると良いでしょう。

 

また、集中力を発揮するにはそれに必要な栄養素を摂取する必要があります。有名なものがカフェインです。カフェインはドーパミンやノルアドレナリンといった脳内物質を出すようになるので、これらの働きで脳が覚醒状態になって集中しやすくなります。

 

カフェインはコーヒーやお茶などの多く含まれています。胃を刺激して胃酸の分泌を増やすので、空腹状態で飲んだり、過剰に飲むのはオススメしません。砂糖少々と一緒に飲むと、頭がスッキリして脳が動きだしますので、ぜひ試してみてください。

 

集中力を落とさないために朝ご飯はしっかりと

 

忙しい人ほど、朝食を食べない傾向がありますが、朝食は1日の最初の食事として、一日の活動を支える大切なものです。朝は食べる時間が無いなら、会社についてからでもちょっとでも何かを食べるという習慣をつけると良いでしょう。

 

というのは、睡眠中は体が食事を受け付けず、代謝を中心に行っています。体の中で新しい細胞が作られ、栄養が補給されている時間帯です。ムダなエネルギー消費を避けるために体は低体温になります。そのため、朝は何となく動きにくいのですが、逆にここで朝食を摂ることで体の中にもスイッチが入り、体温が上がって内臓も活発に動きだすようになります。

 

また、脳はブドウ糖をエネルギー源としていますから、朝食を食べないエネルギー不足の状態が続くとやる気や集中力に悪影響が出るようになりますから気をつけてください。

 

欠食は体内の栄養不足を生じやすくなります。摂取できる食品の量も少なくなり、残りの回数の食事で必要な栄養を全て補給するのは至難の業です。そこから集中できない原因になる不調が生じることもあるので、朝食をしっかり摂ることが大切です。

 

朝ごはんを食べる習慣が無いなら、ぜひ食べるようにして、食べているという人は、ぜひ内容にも注意を払ってください。最も大事な食事が朝ごはんといわれているのですが、時間が無いためにあまり重要な時間になっていないことが多いです。

 

時間が無ければ、ぜひ早く寝て早く起きる習慣をつけて、朝ごはんの時間を過ごすようにしてください。一日の生活にも、大きな変化があると思いますよ。

 

集中が切れると思ったらチョコレートを食べる

 

チョコレートは私たちが身近に食べているお菓子ですが、このチョコレートに集中力を高める効果があることをご存知でしょうか?

 

チョコレートには多くの糖分が含まれていることはよく知られていると思いますが、糖分は脳にとっては唯一のエネルギー源であるブドウ糖に体内では変化するようになっています。この糖分を効率よく補給できると、脳に十分なエネルギーが回るために脳の働きが活性化しやすいのです。

 

また、チョコレートには「テオブロミン」という苦味成分が入っているのですが、これには、興奮状態を持続させ、やる気や集中力を高めてくれる効果があります。簡単に言えば、コーヒーに多く含まれているカフェインのようなものです。そのカフェインよりも弱めではありますが、効果は十分に期待できるそうです。

 

では、チョコレートをどのくらい食べれば効果があるのでしょうか。もちろん、食べれば食べるだけ集中力が増すなんてことはありません。

 

科学的には、1回に食べるチョコの量の目安は15g程度だそうで、板チョコで言えば4分の1程度なのだそうです。この量、多いと思うか少ないと思うかは個人差がだいぶありそうですね。

 

チョコレートは集中力を高めますが、食べ過ぎると眠気を誘うとも言われています。というのは、糖質を含んだ食べ物を、たくさん食べると血糖値が急激に上昇して、その後急激な下降を示します。この状態になると眠気が襲ってくるようになります。

 

集中力の安定のためには血糖値の安定も重要なことですから、食事をきちんと摂取することと、まめなエネルギー補給が集中力を持続させる上では大切です。

 

日頃から集中力を上げるトレーニングをしよう

 

集中力が必要な場面というのは様々にありますが、何かの大会など、ここ一番で集中力を引き出すためには、その日だけ頑張ってもダメで、普段から集中力をいつでも高めることができるようにトレーニングしておくことが大切です。

 

集中力を高めるトレー二ングにはいろんな種類がありますが、大事なのは短時間、しっかり集中してやること、そして定期的に行うことです。

 

そして、集中力を高めるだけでなく、それを通して集中力にスイッチを入れることが大切です。人には集中力が高まるポイントがあり、自分で気持ちにスイッチを入れることで集中モードに入ることができるようになります。

 

トレーニング方法をひとつ紹介しましょう。人差し指を眉間にゆっくりと近づけ、肌に触れる前で止めます。すると、眉間のあたりに何か微妙な刺激が感じられるはずです。この刺激を感じられるほど近づけてください。触れてはいけません。

 

その感覚が感じられたら、これをできるだけ指を眉間から遠ざけた状態で感じられるようにしてみましょう。訓練していくと、眉間に人差し指があるようにイメージするだけでも刺激を感じられるようになります。あとは、必要なときに眉間をイメージするだけで集中力にスイッチが入るようになります。

 

大事なことは、何かに集中するという感覚をつかむことです。一回二回では、なかなかスイッチになるところまでは行きませんから、毎日続けて自分で自分にスイッチを入れられるようにしましょう。

 

水分補給は大事!水分不足は集中力低下の原因に

 

食事による栄養不足から集中力が切れるということはよく言われていますが、実は水分不足から集中力が低下する場合もあります。実は夏の暑いときにはこれが原因で頭がぼーっとしている人も少なくないのです。

 

暑いから朦朧とする、と考えてしまいがちですが、暑さによって発汗量が増え、脱水症状に陥っているために体が機能を発揮できなくなることが多いのです。水分不足と集中力の関係について考えてみましょう。

 

人間の体は、水分が約70%ですから、食事が不十分なことよりも水分不足の方が生命を危険にさらすことになります。赤ちゃんの場合は、80%が水分だそうですから、水分不足からくるダメージはより深刻です。

 

体重の1%の水分が失われると軽い脱水症状になると言われていて、この段階で疲労感や集中力の低下は起こります。人によっては頭痛なども起こるようです。

 

脱水状態になると、血液中の水分が少なく、他の要素が多いのでドロドロした血液になっています。すると血行も悪くなり、酸素や栄養も脳に届きにくくなりますから、脳が酸欠を起こし、機能低下や頭痛が生じます。

 

水分が不足するようになる原因は、発汗が主な理由になりますが、お茶やコーヒーの飲みすぎによるカフェインの摂取過剰で脱水症状が起こることもあります。こういった飲み物は水分を補給しているつもりでも、利尿作用によって水分不足を起こしやすいので注意しましょう。水分補給をするなら、ミネラルウォーターや麦茶などのノンカフェインのドリンクがおすすめです。

更新履歴